マクロミルモニタになる 新規モニタ(無料)登録

Macromill Checker利用規約

本規約は、株式会社マクロミル(以下「当社」といいます。)が提供するアプリケーションソフトウェア「マクロミルチェッカー」(以下「本ソフトウェア」といいます。)の全部又は一部をハードディスク等の記憶装置へ保存し、又は本ソフトウェアに含まれるプログラムをコンピュータ上で実行し、利用する者(以下「利用者」といいます。)との間における契約関係を定めるものです。
第1条 本契約の成立、効力及び終了
  1. 利用者は、本ソフトウェアのインストール時に画面上に表示される「同意する」ボタンを押した時点で、本契約の締結に同意したものとみなされます。この利用者の同意をもって、本契約は成立し、効力を生じるものとします。
  2. 利用者は、自己が保存した本ソフトウェアの全てを削除することにより、本契約を終了させることができます。
  3. 当社は、独自の判断に基づき、本契約を終了することができます。
  4. 利用者は、理由のいかんを問わず、本契約の終了について当社に対し補償金その他いかなる名目での支払いも請求することはできないものとします。
第2条 本ソフトウェアの使用許諾
当社は、利用者に対し、本契約に定める条件に従い、本ソフトウェアの譲渡不能かつ非独占的な日本国内における使用権を許諾します。
本規約は、将来開発される本ソフトウェアのアップグレード版等に対する使用許諾を認めるものではありません。
第3条 禁止事項
  1. 利用者は、本契約において明示的に認められた場合を除き本ソフトウェアを複製することはできません。
  2. 利用者は、本ソフトウェアを第三者に配布、レンタル、リース、貸与及び譲渡することはできません。
  3. 利用者は、本ソフトウェアに含まれるプログラムに対して、修正を加えること、翻訳、翻案を行うこと、及び逆コンパイル、逆アセンブル等のリバースエンジニアリングを行うことはできません。
第4条 著作権の帰属
本件ソフトウェア、本ソフトウェアを構成するプログラム及びドキュメント等の著作権は、全て当社が保有し、日本国の著作権法、ならびに国際条約により保護されております。
第5条 免責
  1. 当社は、利用者、その他の第三者が本ソフトウェアに関連して直接間接に被ったいかなる損害に対しても、賠償等の一切の責任を負わず、かつ、利用者はこれに対して当社を免責するものとします。
  2. 当社は利用者に対し、本ソフトウェアの動作保証、使用目的への適合性の保証、商業性の保証、使用結果についての的確性や信頼性の保証、第三者の権利侵害及び瑕疵担保義務も含め、いかなる責任も一切負いません。当社がこれらの可能性について事前に知らされていた場合も同様です。
  3. 当社は、利用者に通知することなく、独自の判断に基づき、本ソフトウェアの仕様又は内容の変更、修正、配布方法等の変更をすることができます。
第6条 本ソフトウェア使用上の注意事項
  1. 当社は、本ソフトウェアと他のソフトウェアとの互換性について何ら保証しないものとします。
  2. 本ソフトウェアは、利用者の使用環境により使用できない場合(一部機能を使用できない場合を含む)があります。
  3. 利用者は、本ソフトウェアを法人で使用されているパソコンにダウンロードもしくはインストールする場合、当該法人のシステム管理者が定めるソフトウェアダウンロードもしくはインストールにあたってのガイドラインがある場合は、当該ガイドラインに従うものとします。
  4. 本ソフトウェアにはインターネット上に存在する情報を自動的に取得する機能が含まれているため、利用者は、法人などLAN環境に接続されているパソコンに本ソフトウェアを導入される場合、当該LAN管理者の定めるガイドラインがある場合は、当該ガイドラインに従うものとします。
第7条 本ソフトウェアの利用中止及び中断
  1. 当社は、次に定める事項のいずれに該当する場合には、本ソフトウェア又は本ソフトウェアの機能を中止又は中断することがあります。なお、当該中止又は中断により利用者に生じた一切の損害について、当社はいかなる責任も負いません。
    1. 本ソフトウェアのバージョンアップを行うとき
    2. 本ソフトウェアに関わるサーバやネットワークに障害やメンテナンスがあるとき
    3. その他当社が本ソフトウェア又は本ソフトウェアの機能を継続して提供することが困難であるとき
  2. 当社は、利用者が本契約に定める事項の一つにでも違反した場合には、当該利用者に対して本ソフトウェアの使用の中止を求めることができるものとします。
第8条 一般条項
本契約は、日本法を準拠法とし、本契約に関連または起因する紛争は、当社の本店所在地を管轄する裁判所を第一審の専属の合意管轄裁判所とします。

ページの先頭へ